海中

魚群探知機や流量計を使ってデータ取り~世界へ羽ばたく特殊機械~

安全性の高いフックを使う

クレーン

工場などで使われているクレーンには、クレーンフックと呼ばれているつり具があります。小容量のクレーンには、クレーンフックが一つついており、大きいクレーンには、両フックが着けられています。これらのフックは、クレーン作業をする際にとても大切な部品になるので故障がしていないか、正しくワイヤーをフックにかけられているのかを確認しておく必要があります。また、外れ止装置などが壊れていないのかも確認しておきましょう。

クレーン作業をするときには、いろいろな用途があります。玉掛けをした荷物を平行移動をすることやリフチングマグネットをクレーンフックにかけて鋼材やスクラップなどを運搬することが可能です。リフチングマグネットは電磁石によってスクラップを吸着させる仕組みになっており、電磁石を着ると落ちるようになっています。また停電などが起こって急に落ちてこないように非常用電源装置が儲けられており、安全対策を行なっています。

クレーンを使う際には必ず使うと行ってもいいクレーンフックには、いろいろな種類があります。一つは安全性を考えて釣り上げたときに閉鎖ロックが掛かってワイヤーがつり具から落ちないようにしています
さらに荷物を釣り上げたときに荷物の重さを知られるように計量器が付いているクレーンフックがあります。これらをうまく活用することでクレーン作業を効率良く進められるようになります。工場でクレーンを使っている際には、業務を一度観直して適切なクレーンフックを使うようにしましょう。