海中

魚群探知機や流量計を使ってデータ取り~世界へ羽ばたく特殊機械~

安全性の高いフックを使う

クレーン

工場や現場で多く使っているクレーンではクレーンフックを言われる部分があります。これらにいろいろな特殊機械をつけることで重さが計れたり、勝手にロックが掛かったりするので導入を考えましょう。

製品の質を高める

海

工場や建築、研究センターなどでは特殊な機械を使うことが多くあります。工場では、コンベアベルトやクレーンフックなどがあります。これらはそれぞれの専門業種の人しかわからない機械ですが、どういった装置、機械なのかを知っておくことで他の業務に活かすことができることもあるので知っておきましょう。
特殊機械の中には、幅広い分野で使われている物もあります。その一つが流量計です。流量計は、液体や気体などの流れを計ることができる特殊機械になっています。
流量計は工場に流れている配管の液体や気体の流れを計測し、製品の品質管理や向上させるためのデータ取りなどのために使われます。また、流れる量を定量にするために流量調節器と同時に設置することもあります。
いろいろな特殊機械を組み合わせることでいろいろな量を計ることが可能になるので幅広い分野で活躍しています。
幅広い分野の中には、海の研究を行なっている業界があります。それらの業界では、魚群探知機を使って魚の生態や海そのものの生態を研究しています。その魚群探知機も特殊機械の一つになっており、漁師なども使っている機械になります。魚群探知機の中には、いろいろな種類があり、それぞれによって魚を捕らえる範囲や深さなどが異なります。また、それらは超音波で知ることができ、船にあるモニターによって見ることが可能です。このモニターを見ながら漁師は網を張っているのです。最近では、いろいろな特殊機械が登場しており、効率良く業務ができるようになっています。それらの知識を常に採り入れておくことが大切でしょう。

効率良く流れ作業

作業員

コンベアベルトを導入することでスムーズに生産工程を行なうことができます。一定のスピードを保って作業を行なうので生産性が安定するなどのメリットがあります。これらはいろいろな業界で導入されています。

品質を高める

作業員

工場などで製品の品質を高めるためにも流量計を使って薬品や油などの液体や水素、二酸化炭素などの気体の流れる量を計ることが可能です。用途にあった適切な流量計を選定して品質を高めましょう。